Space

その足下に広がる空間【Space】を想い描くこと。

奈良県に残る、旧日本軍が作り放置した地下壕を撮影した。そこは本土決戦を目論み、終戦間際に急いで掘り進められた未完の地。未完ゆえに、当時の労働者たちの痕跡が色濃く残る。その偶然の造形を必然的に捉えるために、自らライティングし撮影した。現在、地下壕の一部は価値を転用され、京都大学の地震予知研究センターとして利用されている。そして、その他の部分は管理されることなく、無目的に放置されたままである。この場所は歴史上に必然性を持つことが出来ないまま、忘れ去られたように地下に存在している。打ち捨てられたこの地下は私たちのすぐ足下に広がる。私たちの足下には空虚な空間【Space】と暴力の残滓が埋まっている。

In 1945, shortly before the end of the world war Ⅱ, the Japanese built many basement bunkers in preparation for the mainland decisive battle. One of them is located in Kashiba City, Nara Prefecture. Due to the rush of construction, the walls of the bunker have traces of countless workers pickax.

When the bunker was built, it was rumored to be the home of the emperor. In fact, it was the home of the Air General Army. After the end of the war, some of them have been used as seismological stations in Japan. It is now a famous place on the Web as a ghostly place. And this place have nothing to manage and are going to decay.

We still cannot define the meaning of this place.

I took these photos to make this place a inevitability of history.

※ 京都大学防災研究所附属地震予知研究センター屯鶴峯観測所内は、特別に許可を得て撮影しています。